センターピン理

センターピン理

私自分、味わってでユーザーと共に作出した心の内です。この「センターピン理論」というのは、商いを成功させるために大いに肝心となる見所を、ボウリングのセンターピンに例えたものとなります。

ボウリングの先頭の真ん中の配置されているピンをセンターピンと呼んでいますが、ボウリングをする事例には、最初に一番目にセンターピンをきちっとと倒す事が出来なければ、それ以外の全部のピンを倒す事がとても困難になります。センターピンを外してしまうとストライクを取る事が出来ません。

マクロな視点を磨き続ける事によって、経営問題の一つである「センターピン」を見極める事が可能なようになります。それとは反対に、センターピンをキッチリと倒す事が支障がなければ一通りのピンを倒す確率が高まります。

大局を見るマクロという視点を磨いていくために不可欠な事が、さまざまとも言える立場などの経験値をとにもかくにも得る事です。加えて、多様な経験値を持っている持ち主との人脈を築く事がカギとなってきます。

これは産業におきましても同じくな事が言え、センターピンとなっている事柄や人を整然と理解し、最初に一番目は確実にそこにたどり着く事が目標の成功に繋がる、となるのが「センターピン理論」なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ